資格の調査

資格の考察

■ボイラー・タービン主任技術者
 経験のみで取得。
 第一種:10年以上
 第二種:5年以上

■ボイラー技士
 2級は経験無し、試験のみで可能。合格率50%。
 1級は2年以上の取り扱い経験と、試験。合格率50%。
 特急は5年以上の取り扱い経験と、試験。合格率20~30%。

 ※勉強時間は二級・一級・特級変わりなく180時間くらい

■ボイラー整備士
 ボイラー整備士を受けるにはボイラーや圧力容器の整備の補助を6ヶ月以上、または職場にボイラー圧力容器がある場合は3年以上整備の補助に従事する必要があります。
資格勉強に慣れていない場合:3ヶ月ほどで100時間ぐらいの勉強時間が目安。
 資格勉強の経験があるならば、50時間ぐらいとなります。
 2級ボイラー技師があればある科目は免除できますが、科目は免除がない場合は少し難易度が上がります。
 合格率65%。

公害防止主任技術者
 試験:制限なし 
 勉強時間:180時間?
 合格した科目については翌年以降同じ受験区分の場合2年間は受験免除
 大気関係第1種:32.8%
 大気関係第2種:24.8%
 大気関係第3種:26.4%

■機械保全技能士
 勉強時間:約50時間?

 ●受検資格
  等級 受検に必要な実務経験年数
  特級 1級合格後5年以上
  1級 7年以上
  2級 2年以上
  3級 0年(問わない)

 ●合格率
  特級 12~27%
  1級 12~30%
  2級 18~46%
  3級 50~80%

■衛生管理者
 次のうちいずれか一つに該当すれば、受験できます。
 ●大学または高等専門学校(短大を含む)の卒業者:労働衛生の実務経験1年
 ●高等学校の卒業者:労働衛生の実務経験3年

■監理技術者
 技術師補⇒技術師になる必要あり。
 難易度が高いと思われる。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント